2018年03月13日

なんだかな~!?

ブログ移行し終えてここを見たら

なんと!!3月2日までしか移行されてなくて・・・

気持ちが落ちちゃって『もういいや!』って気持ち

3月31日までアセラさんのブログ記事をしっかり見届けることにしようと思う

それにしても・・・なんだかな~!?


posted by ケネのはは at 18:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

悪夢!!?? 【追記あり】

昨日と今日の札幌は猛烈な吹雪

丸5年前の3月、大きな被害を出したあの日の事を忘れない

あの日、私はホワイトアウトの状態の中に居ました

おばあちゃんの入院先からの帰り道でした

前後左右、どこを見ても真っ白で自分がどこを走ってるのか見当がつかず

とても怖かった事を思い出します

あの日のように昨日の帰宅時はとても怖かった

駐車場は雪かきをしなければ止められず、水分を多く含んだ雪は

どっしり重くて、今日は腰痛です

散々な思いでパソコンのメールチェック

『えっ!?』

何度読み返しても文面が変わるわけもなく・・・


10年以上にわたって綴ってきたケネと私の日常

それがブログでした

そのブログのプロバイダーさんがブログサービスを停止するという

お知らせメールでした

瞬間、頭の中が真っ白になったのは言うまでもなく

ケネが亡くなって新しい写真を撮ることもできなくなった私に

もうこの辺で辞めたら?と言われてる気もした

サービス停止は3月31日・・・4月にはデータもすべて無くなるそうです

お引越しして受け入れていただける運営さんがあるということなのですが

もう、すっかり固くなった頭にはなかなか難しく

でも、この10年間続けてきたことがこれっきりになることは

受け入れがたく、かといってじっくり考えてる時間もなく

お引っ越し作業を行いデータや書いてきたものを

思い出として残しておきたいという気持ちが強くあります

振り返ってみると2007年7月・・・(だったかな?)アセラブログ

にお引越ししてきて今日まで2971件の記事を上げました

皆様からいただいたコメントも貴重な財産

すべてを失わないで続けられるのかは不明ですが

受け入れ先で不定期ながらもケネの思い出を綴れたらいいな。

現在は、そんな気持ちになっていますが決断しかねています

母が病気して、亡くなるまで、そしてケネの日常の記録が

残っているのはブログしかないので・・・

このブログが閲覧できるのは3月31日までだそうです

昔のケネに会いに来てくださるお友達の皆さんにはもうわずかな

日数しかありませんのでどうぞ会いに来てやってください





410-8d20c.jpg

5年前、10歳と10ヶ月のケネ

P1390975-1.JPG

そして2年前、13歳と9か月
雪が降ったって元気にお散歩を楽しむケネでした
このシーズンはほとんど、お散歩は休まなかった気がする


どんな表情も☆可愛いな~揺れるハート



        【追 記】


ブログサービス終了に伴い引っ越す際には

自作のテンプレートは引き継がれないとわかりましたので

下準備としてpart3まである『ケネちゃん日記』の

古いほうから順次テンプレートをアセラさんから提供されている

ものに変更していきます

あ~あ、苦労して作ったのにここで失ってしまうなんて悲しい
posted by ケネのはは at 19:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

痛い思い出

ケネはシニア期に入るまで病気知らずの子だった

ただ、年に一度の健康診断は欠かさなかった

口にするものも欲がないというか・・・

がっついたりくれくれビームを出すようなことも無かった

そんなケネが昨年夏まででおなかを壊したことはわずかに2回だった

夏以降はみんなご存知のとおり(´;ω;`)ウゥゥ

2回の内、最初が2歳くらいだったかな?

時期はもう定かに覚えてはいないけど

朝起きてみるとサークルの中で下痢のうんpまみれになってて

それまでかかっていた先生に電話をすると休診日で用があって

診られないと断られ、困り果ててた時に同僚が自宅近くの病院を

教えてくれたのだった

それが、我が家からは少し遠いけどケネがその後もずっと

お世話になってた動物病院というわけ

駆けつけた病院で検査したところ先生のところで持ってる器具では

振り切ってしまうほどの高値だったのが膵臓の数値

確か2000を越えてるって聞いた覚えがある

この前日普段は食べない濃い色のジャーキーをいただいたのが原因かと・・・

以来、おやつは食べないんですよ~とやんわりお断りするようになった

とりあえずの処置の後様子を見てまた午後3時に

来るようにって事だった

動揺していた私は病院の駐車場後方にある電柱に

右前ドアを思い切りぶつけ、ドアミラーは千切れんばかりだった

その時はケネの体調が戻ってくれるなら車はどうでもよかった

注射やら薬が効いてその日は絶食だったけどその後

何度にも分けてまずはスプーン一杯のウェットフードから・・・

ケネが元気と食欲を戻し始めると

車が!!痛い出来事だったと実感するようになった

ドアを丸ごと取り替えてミラーも交換

修理が終わるとその足で自宅向かいにある他車種のディーラーに行き

下取り見積もりをしてもらった

でも!ドア交換したことはなんなく見抜かれた(大爆)

そこから8歳になるまで健康そのもので過ごしたね



IMG_6732-1-1.JPG

わずか3か月前のケネ・・・
もう一度でいいから一緒にお散歩がしたいな~( ;∀;)



職場がインフルでほぼ全滅状態

ほぼ全員がマスク生活、月末だけど事務員さんもインフル!!

いつもは不定期な勤務をしてる私だけど

こんな時はそうも言ってられない!



posted by ケネのはは at 17:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

今日は欲張って・・・

ケネが幼いころはまだデジカメもそれほど普及してなくて

ネガフィルムで残ってるのがほとんど。

ちゃんとメモリーに保存しなくちゃなって思ってます

今日は初めてのプロカメラマンさんの手になる画像を!

ケネは2歳と7ヶ月、15年近くお世話になったインディアンでの

撮影会での一コマ・・・と思ったけど絞り切れなくて

欲張ってお気に入りの写真を置いときましょう


いんであん-1.jpg



2018.02.265.jpg

黄色のドレスには思い出が詰まりすぎてて辛いんだけど
ブログ初期のころのお友達には迷惑も顧みず(苦笑)たくさん送りつけたっけ・・・


2018.02.261.jpg


2018.02.262.jpg

籠バスケットでの撮影にはインディアンのオーナーご夫妻と
私とカメラマンさんが総力上げてポーズを決めてもらうという
汗と涙がいっぱいの図。
そんなにてこずらせたケネも
いつの頃からか立派なモデルさんへと変わっていきました~


2018.02.264.jpg

悪ガキ感いっぱいだよね
でもお気に入りの1枚なんです

2018.02.263.jpg

沢山の画像から1枚だけ選んで素敵に加工していただけるということで
選んだのがこの1枚
画像には・・・「いつまでも一緒にいてね・・・」の文字が。
写真とデータを受け取りにお店に行った時
その写真が壁に貼ってあって大泣きしたことを思い出すけど
その、いつまでも・・・が終わってしまった



ケネを火葬した翌日夜インターフォンが鳴った

某NHKさま・・・実は受信料拒否してきた私

とにかく解錠しろ!(いや、すごく丁寧にでしたが)と。

『こんな時に来なくたっていいじゃないですか!』と言ったものの

相手にこんな時を理解できるわけもなく

翌日ネットで契約した、後日丁寧なお言葉つきで契約完了の

お知らせが送られてきた。。。




posted by ケネのはは at 23:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

今日は何の日?

自分だけが知っている!!自己満足な想い・・・(笑)

ここに居ない人の年を数えても虚しいのだけど

今日はケネを無責任に(大笑)可愛がっていたおばあちゃんの誕生日

そして、ケネの三七日。 日にち薬が効いてるかな?と

思える日も、またお薬増量しなくちゃ!な日もあって

まだまだケネのいない毎日に慣れることはありません

ケネが使っていた道具や膨大に残ってる画像やお洋服

きちんと整理しておこうと思っても何から手を付けてよいやら

行動に移すにはまだまだ、時間が必要だわ



IMGP0693-crop-1.JPG


2008年2月24日、ケネは5歳と10ヶ月
上手に泳いでました、プールの脇ではおばあちゃんが応援中!!
水泳や水中歩行、沢山のお散歩、
ケネが亡くなるまでお散歩出来たのは小さなころからの積み重ねが
有ったのかもしれないと思うと少しは気持ちが救われる


IMG_2699.JPG

1年前・・・いなくなることなんて全く想像もできなかった
多分、自宅近辺は雪解けで汚いから
秘密基地まで行くつもりのワンシーンです


こうして振り返ると、わんこさんの1年の濃さに

改めて驚かされるものです、

そう考えると1日、1分がどれだけ大切な時間なのか

もっとたくさん触れ合っておけばよかった・・・

だけど、ケネと過ごした16年近くを後悔はしないと決めている



posted by ケネのはは at 10:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

久しぶりに外出

地元でうろちょろの毎日だったけど

用事があって街中へと行ってきました

あちこちで大掛かりな除排雪が行われてて、しかも外の空気は春♪

札幌駅前のビルの壁には大型スクリーンがあって

いろいろな企業のCMが映し出されるのだけど、

小さな頃【アプリ工房】さんのCMに出していただいてて・・・

主役を張ってた(笑)わけでもないのにそのお話をしたら

ケネを可愛がってくださった洞爺湖のホテルの女将さんが

わざわざ札幌までそのスクリーンに映るケネを見に来て下さったっけ

そんなことを思い出して懐かしくてたまらなかった

相変らず、出かけても落ち着けなくて用事を済ませて早々に帰宅した



img024 (2)-1.jpg

生後7ヶ月目で避妊手術を受けたケネ
当時は術後服ではなく、包帯を巻いたような感じ。
一泊して翌日迎えに行くととても良い子でしたと先生から褒められたっけ
おなかにポッコリしたものがあってよくよく聞くと『出べそ』。
一緒に治しておきましたと聞かされ
本当にわんこさんについて無知な自分と知ったものです(汗)


P1020045-1.JPG

3歳5ヶ月・・・ワル(爆)の時代を過ぎてやっと落ち着き始めたころ
まだきかん坊さんの面影があるね



何でも噛み噛みするから大事な家具類は別部屋にしといた方がいいとか

トイレのしつけが終わるまでは覚悟を!なんて

知り合いから言われたりもしたけど

その点は本当に良い子で、心配も失敗もなかった

ただ、元気!!元気すぎて!!

宅急便のおじさんが来るとドアの隙間から飛び出して

2階の我が家から8階まで駆け上がり捕獲してもらったり(笑)

おじさんは来るたびにケネの事を『脱走兵』と呼んでたな~

そんなケネが何時の間にか人見知りな内気な子に変化してったんだよね





posted by ケネのはは at 17:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

今頃はどこに?

まっすぐに、虹の橋のたもとにたどり着いたのかな・・・

お散歩の時、クンクン隊、隊員のお顔も見せることがあったから

もしかしたらまだ道草してるかな~



ケネが居なくなってから・・・

タイマーで夕方前にお部屋の照明が点灯するように

セットしていたのをリセットした

一日中つけていたエアコン暖房は外出時には切るようになった

。。。でも、帰宅して鍵を開ける時はついそーっと。

お昼寝しててもドアを解錠するだけで飛び起きて

お部屋のすりガラスの前でおしっぽを振って待っててくれた若いころ

高齢になってお耳が聞こえにくくなってからは私が部屋に入っても

寝てることが多くなったけど・・・

寝ててくれることでほっとする日が多くなってたので

『起こさないようにそーっと!』が普通のことになってた

抜き足差し足の癖がついてしまった(苦笑)

そしてつい、「ケネちゃん、帰ってきたよー、いい子にしてた?」と

声を掛ける毎日・・・お尻尾も振ってくれないしお返事もない(涙)

仕事帰りも寄り道できず、まずはいったん帰って

ケネの無事を確認する癖がまだ抜けなくて

ひたすら、早く帰ろう!!って思っちゃうんだよね


ケネが危険ないように敷き詰めていたタイルカーペットや

角張った箇所に巻きつけていたプチプチのクッション材を外したり

いっぱいに敷いていたトイレシートなどを取り除き

ケネ仕様になっていたリビングは床が出現した(笑)

ケネが使っていたカドラーカバーやシート、ブランケットは

お洗濯した、ずっと洗いたくない気持ちがあったんだけど。

亡くなる日に身に着けていたお洋服は永久保存

ハサミを入れた痕を直視するのは胸が痛い

リビングにあったもののとりあえずの置き場所としたことで

我が家の一室はケネのものでいっぱいになってるけど

今はまだそのままにしておこう・・・



_DSC0880-1.jpg

6歳7か月
お散歩には着ることができないお洋服は撮影会用
ケネはこのお洋服で旅立ちました
ハッキリと写ってるお洋服の写真は少々辛くて。


もう手元に残ってないお洋服

自分のカメラに収めておけば良かったのにとちょっぴり後悔









posted by ケネのはは at 22:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

備忘録・・・③

早いもので、ふた七日を過ぎました

ケネの火葬の翌日はお世話になっていた動物病院へ挨拶に行った

亡くなった日の夜にメールでお知らせをしていて

先生から「良く頑張りました、最後までおうちで過ごせて良かった、」と

お返事いただいていました

病院に着いた時、ちょうど看護師さんが玄関先に居て

私が車を止めるのを見て、上を向いて泣きだした

先生が時間を取ってくれて、経過をお話してきた

ここ半年の間は何かと予定外の通院が多かったけど

その都度適切な処置と指示をしていただいたと感謝している

帰り際、スタッフ全員で見送ってくれて自宅からは割と遠い病院だったし

もうここを通ることも無いのかな~と思った

この日は、行きそびれていた私の眼科と内科をはしごして

泣いてる暇はなかった

夜、市の動物管理センターに死亡の届けを行った

インターネットで簡単に終わった、人と違ってごく簡単で

やっぱりわんこさんって生き物ではなく物扱いなんだという事を

改めて実感!悲しいな




P1620733.JPG

9歳と8ヶ月、まだダイエット中だったかな!?



半年前に体調を崩してからは計るたびに体重が落ちて

亡くなった日にはおそらく3キロあるか無しかだったろうと思う

抱き上げるとあまりにも軽くて

やっぱりこれ以上頑張ることは出来なかったのだろうと思った

半年前、いわゆる介護生活が始まった時

先生から「歩きたいのに歩けないのがこの子には一番つらい事」と

言われてて、最期の最後まで自分のあんよで歩いたことと

いわゆる寝たきりには1日もならずに逝った事が

私にとってもケネにとっても幸せと思える



毎回、備忘録を書き始めると泣けてしまって途中挫折

posted by ケネのはは at 16:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

備忘録・・・②

ケネが亡くなったその夜は何時までも寝付けず朝方まで起きていた

朝まんまをあげて保冷剤を取り替えたりしてるうちに

次々とやってくるお花屋さん、皆様から沢山のお花をいただきました

ケネの寝床に供え、香りを嗅がせてあげました

『ケネちゃん、こんなに多くの皆さんがお花をくださって有難うだよね』

午後からは市内に住むお友達がいっぱい駆けつけてくれました

仕事終わりに来てくれたトリマーのミホちゃんには

爪を切ってもらい、前足と後ろ足の一つずつをいただきました

お友達の皆さんが帰ったあとには寂しさしか残ってなかった

何をするでもなくお線香を灯し続けた

その夜は、私の枕の隣で一緒に寝たけど

ケネは寝息もたてず寝返りもしない、生前はちょっとした動きにも

敏感になって目を覚ました私だけど

何の音もしないのに何度も目が覚めた

朝が来ていよいよ本当のお別れの日になってしまった

火葬当日もお友達が集まってくれた

みんなが見送ってくれる中、とうとう炉の扉が閉まった

ケネには『迷わずにみんなのところへ行くんだよ』と言って送り出した


焼きあがったお骨は綺麗に並べられ収骨の後、お参りをして

小さな骨壺に住まいを移したケネを自宅に連れてきた

わずかな時間で肉体が骨だけに変わってしまって

本当に悲しかった

思い出話をするには早すぎる気もして取りとめないお喋りをした





P1280174-crop.JPG

ケネとは一緒にお出掛けもいっぱいしました
私が美容室に行く時も一緒!
ちゃんとおとなしく待っててくれたよね(7歳9か月のケネ)






posted by ケネのはは at 18:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

ケネの事(備忘録)

忘れてはいけない、忘れられないことがいっぱいある

メモしておけばいいのだろうけど

(先生に伝えるため、沢山メモした物が増えた)

自分が振り返るにはやはりここが一番都合良い気がする

ここには自分の勝手な想いも時系列通りにはいかないかもしれないけど

綴っておこうと思う


2月2日、ごく短い時間お外に出た時

この1年間会えなくて気になってたお散歩友達のメグちゃんのママに会い

昨年秋にメグちゃんが亡くなってたと知りショックを受けた

おうちが一本隣の道路沿いなのにその日に限って

ここを通ったママ、ケネが引き合わせてくれたのかな

2月3日、少し咳をしていたけれど元気に歩いてた

朝まんまは起きたのが遅くて食べなかった

夜まんまはいつもより多めに(朝、食べなかったから)

私の手から完食した

お薬も、目薬も1日分の予定をこなした

2月4日朝8時過ぎに2種類の目薬を時間差で挿し終えた

朝9時過ぎに、お布団から起きようとして咳込んで失神

座薬を入れて様子を見ていた

少し辛そうに見えたので抱っこした時、私の膝にちっこを・・・

少しして立派なうんpを放出

このころから呼吸が早くなったけど苦しい感じではなかった

ひたすら様子を見るしかなくて(頭の中では日曜日だし、

病院はお休みだな~って思ってた)

少し苦しそうな息遣いの中で3度、キャンキャンキャンと

振り絞るようにないたのはお別れを言ったのかな

息を引き取る前は大きな呼吸をして5~6秒後にまた呼吸

これを3回繰り返し、そして静かにその呼吸が止まった

私はその呼吸が止まったのかまだくり返すのか判断できなかった

しばらく茫然としていた

その後、着ていたお洋服をハサミで切り、脱がせてから

洗面ボウルでシャンプーをした

あんなに嫌いだったお顔のドライヤーもすんなり受け入れて

やっぱり亡くなってるんだと受け入れるしかなかった

綺麗になったケネに着せたのは以前にブライダルタフタという生地で

作っていただいた華やかなドレス

お星さまにお嫁入りだからね

お友達が駆けつけてくれて祭壇をこしらえてくれたり

保冷剤を抱かせてくれたり、私ったらうろうろするばかりで・・・




P1490041.JPG


7歳と9か月のケネは丸々として(このころは5キロ台後半だったと思う)
どこででもごろんごろんしていたね


今日はこの辺で、気持ちが疲れた。







posted by ケネのはは at 17:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。